色ボケ仙人

先日の話の続き。




既述どおり。


お世話になっている動物病院の先生の紹介で、見えないものが見える人に会う機会があった。

が。

その人、たま~に見る、そういう力を使っちゃいけない人だったのだ。ワタシが彼を表現するに・・・色ボケ仙人とでもいおうか。


言われてることの8割が、今の自分とは違う自分が選択した場合の自分で。。。え~っと、意味わからないよね。

時間という軸は無数にあって。

その中のどの時間を生きるかっていうのは、すべて自分の選択が決めてるように理解してる。たぶんこれ、合ってると思う。

未来や過去を見れる人っていうのは、その時間軸を見てるのかなぁと。
で、過去の時間軸っていうのは、今の自分から紐解けばすぐにわかる簡単なもの。
けど、未来っちゅうのは、今のこの自分がどう選択するかによって変わるから、それを全部正確に見るのって・・・なかなか難しいのよね。きっと。

色ボケ仙人を見てて思ったのは、そいつ自身が色ボケなおっさんだから、人のこともそういう性的な目で見て、判断してるのかなぁと。シモの話、楽しそうにしてんなぁと思ったし。
そういうことを言われたら、普通の人なら知られたくないことがバレた!!と焦る人もいるだろうし、怖くなる人もいるだろね。

そこがものすごく勉強にはなったかな。今回。

お。それくらいなら、ワタシにもわかることになったなぁと。そして、そんなんじゃ振り回されんわいっ。とな。




で。

昨日の夜。突然その、世話になってる院長先生から電話が入った。そんなこと、先生と知合って初めてのことだ。

先生、遠回しにその話をし始める。
こないだつないだ人ねぇ。実は他の、あの時会ってもらった人順番に連絡してるんだけどねぇ。ちょっとねぇ。違う話になってることがあるみたいで。で、確認したいことがあるんだけど。。

とね。

はいはい、先生の言いたいことわかりますよ。大丈夫ですよ。って。

ワタシがいる時に、たまたま先生の弟子のような人がやってきて、ワタシがいるのに、その人のプライバシーに関わる話をしてて。
そして、その内容が、割とセクシャリティーの話も含むだったので、そんな話やばいんじゃないの?ってその時聞きながら思ってて。それをとても院長は危惧されたようだった。

だいたい、ワタシにも3年以内にこの病気になるよ。と、命をネタに揺すぶられ。
けど全然こっちが揺るがないから、今度はダンナの浮気ネタで揺すぶられ。
浮気する甲斐性あるならどうぞどうぞ。そういうワタシに、相手は右に左にまだ揺すぶりをしてたけどね。

そこに、その先生の弟子ちゃんが現れたもんだからの展開だったように思う。弟子ちゃんにも、結婚生活が揺らぐような話とか、欲しがってる二人目の話とか。さんざんビビらすような内容の話をしてたし、彼女の尻軽説まで話す始末。
そうやってビビらすことで依存させる。そして、院長のことを取り込むことで、力を思うように操ろうって。

けど、そういう類の人の目って、やっぱイっちゃってるからわかるんだよなぁと。最初にどうもって挨拶した瞬間から、その仙人から愛は感じられなかった。欲ね。色欲。金銭欲。支配欲。


院長先生は、ある種神がかった人で。ものすごくエネルギーの大きな存在なのだ。そのそばには奇跡が何度も起きる。

だから、時としてこういう有象無象がやってきて。でも、その出会いも逃れられないときが多々あって。

「だから今回もどうしても関わらなきゃいけないことになりそうだったから、ほんとに自分を守れる人だけ。そしてそういう感覚がちゃんとある人だけに会ってもらうようにお願いしたの。あの人にみんなを会わせたんじゃなくて、みんなにあの人を見て欲しかったのよね。」

って先生。そうなの~。と、そこでちょっと鼻高々になるワタシはまだまだ未熟だ。

ま。認められたい願望強いザ・人間なんで。だから色ボケジジイの正体も読めたしね。へへ。


世の中に偶然なんてものはない。
このタイミングで、ワタシ自身もその人に会ったことは意味があったように思う。

自分が予想してた以上に、というか予想外に、そういう魔の者に対する目が育っていた。どんだけ信用してる人の紹介だとしても、ちゃんと冷静に自分の中に見えるものを優先することが出来た。

そして、見えないことを人に伝えるってことが、どれだけ危険な行為かを改めて考えるいい機会になった。

「不思議なことに、あの日参加したみんながみんなそう言ってくれるのよ。必要な時だったって。」

先生が笑いながらそう言ってて。
また一つ、先生のまわりに奇跡が起きたねぇって。


今回。

院長先生が、その紹介する人の中にワタシをいれてくれたことが不思議でしょうがない。
いつかは先生と一緒に何かをしていくのかもしれないなぁとも思う。

もちろん自分の中で、そう選択すればって時だけどね。

記録として残す。

かしこ。



見えないものが見える人が見えてるもの

この時期に。

お世話になってる動物病院の先生から、ある知り合いがくるから会ってみる?と言われ、昨日はその人にお目にかかる。

どういう人かも、何をするのかも聞いてなかったんだけど、きっと見えないものが見える人なんだろうなぁということはわかっていた。


会ってみると、坊主でガタイのよいおじさんだった。仙人ぽいっていうのかなぁ。

ま。

とにかくおもしろかったのよね。

「子供いないの?おかしいなぁ。。。おかしいねぇ、おしいなぁ。いたらプロだよ。プロ。レスリングとか柔道とか。」

から始まった。

そして、来年最後のチャンスがあるよって。


…来年47才だし。

つうかそれ、ダンナの子?

あはは。

本人にその気がないのに、来年妊婦になるとか、ワタシは誰かに襲われるしかそうなる可能性はございません。

そして、50才と55才に、離婚の危機があるって。

未来のことはわからないけど、過去の離婚危機を考えたら、まぁ・・・それはねぇんじゃね???



昔。

見えないものが見える人に、何人かあったことがある。

そういう人って、なんだか羨ましかったりするからね。
そういう能力って、特別感満載だし、能力が「上」のような気がするし。
ぶっちゃけプライドの高い、人の上に立ちたい願望もあるエゴの塊でもあるワタシからするとたまらんよ。
だからはまったんだろうなぁ。

けどねぇ。どうもそうじゃないなぁって昨日すご~~~~く思った。

自分の人生は、自分以上に知ってる人なんていないんじゃないかなぁと。ただ、自分が見えてるかどうかの違いかなぁ。



あ。

全否定ではございません。その人が言ってることで、合ってるなぁってこともたくさんあったよ。

ワタシの何かが見え始めると、ダンナのこともアニキのことも、けっこう言い当ててた。というか、二人がワタシに作用してることはばっちり合ってた。ダンナのことは「いい人すぎるねぇ。」アニキのことは「仲良すぎるねぇ。」て。

それも別に有益な情報でもない。合ってるってだけ。



が。

有益な情報を二つほど得られた。

一つ。

独立しようと思ってる。そっちの方向でいいのか?

「自分としては50までにはって思ってるんだけど。。。」

「あ~~~~。やった方がいいね。・・・・・・・・48、48だね。50で、あ~、軌道にもう乗っちゃうよ。」


へ~。それは自分ビンゴだな。3年後って、自分でなんとなく思ってた年数が合ってたってことだ。50で軌道ってのも、なんとな~く見えてた。


と、思うけど、ここでおじさんまたも間違える。自分はデイサービスの厨房で調理をしてるって言ったのに、おじさんなんでかワタシがデイサービスを立ち上げるって勝手に思い込んで、「これ、優良店になるよ。うん、やった方がいい。」って。

そうそう。こういう経験もいくつかあるの。
能力者って、案外人の話聞いてないんだよね。見えないものの言葉を追うからなのか、相談者の相談を聞いてないという顛末。あはは。これ、ほんとあるあるだから。

けど、その内容の助言はけっこうかすってたりする。
自分しかできない、何か他にないサービスを考えろとか、こないだH先生にも言われたなぁとか、実は自分が決めてる業種を言ったら、「それいいんじゃん。あ~、ただ儲からないけどねぇ。」ってのも、なんとかなくわかる。

そうなの。

案外自分が思ってることで、道が間違ってないことを確認するいい時に、こういう人に巡り合ったんだなぁと思った。
というか、まだ自分の能力、残ってるんじゃねの?へへ。



そしてもう一つ。有益な情報?というか、なんとな~く自分でも思ってた病についても言い当てられた。

避けて通りたいけど避けられないのかぁ。

と、けっこう冷静な自分がいる。

「その先も見えてるんだから、ここだけ注意してよ。」

そうおじさんに言われ、そこだけはじゃあ信じて数年気を付けようかなぁと。じゃなきゃ検査とか、まったくもって興味ない人なんですよねぇ。




と。

いう変な話しをオフィシャルで出来ないので、つぶつぶ。

あくまで記録として残す。


けちょんけちょんから生まれたよ

予想通りの厳しい言葉から始まる。


だいたいそうやって金が入って、今の仕事に不満があったりして、開業考える人がほとんどだ。
実際10年開業出来てるパーセント知ってる?4%だよ。96%が失敗してるってこと。
ネコに関わる?だったらネコ1匹飼えば関わるってことになるでしょ?ボランティアとかでいいじゃないの。普通に会社で働いて、それでボランティアとかすればいいじゃないの。
だいたい給食のおばさんが、18くらいから飲食で修行して、プロとやってる人と張り合えると思ってるの?
何が得意なの?それも答えられないのに飲食なんて難しいよ。

・・・・・・・・予想はしていたが、ようもそんだけ矢継ぎ早に欠点を見つけて、それをそのまま言えるよなぁと。正直ブチチチチチ・・・となりながらだけど感心もする。頭いいやつってだからムカつくんだよ。あはは。

が、時にムッとしながら、そのムッとするのは本筋言い当てられてることばかりなので、ぐるぐる頭まわしながら自分の心を見ていた。

どんだけ先生に「普通の勤め先」がある方がラクだと言われても、確かにまだ何もしてないけど。けど、ワタシが思う楽しい場所を作る。その楽しみは、絶対にやりたい。だから、絶対独立したい。

これはもう決まり。よしよし。一つ決められた。

そして、飲食に関わりたいと思ったけど。先生が言ってること、チョ~もっともな話。

居酒屋で何売りにするの?と問われ、え~~~っと・・・家庭料理?と言ったところ、そんなの売りにならんと。どうせそんなうまいもん作れないんでしょ?ときたもんだっくっそ~と思うが、まぁそれもあってる。ようするに「プロ」と対抗するまでに、自分の技術が上がるか?まぁ無理やね。

「なんか一つ、これは誰にも負けないってものがないと無理だよ。」

と攻められ、「じゃあ餃子!」というと、そういう答えには先生、いいねいいねって。けど、言っておきながらな~んか違う気もするが、それはまぁあとでいいや。とにかくそういう武器は必要ってことだよね。おっけ~わかった。

「あとは戦略だよ。どの場所でやるの?船橋?そしたら船橋の人口分布とか町に何があるのか。あ~、そういうとっから攻めるのもおもしろいかもね。どういう人が住んでるからこういう店っていう逆から攻めるのもあるよ。」

どんどんアイデアを提案してくれる。が、必ずこっちの痛いとこも突いてくる。

「何がしたいって明確なものがなくて得意なものもないってのも、戦略考える上ではおもしろいかもねぇ」

ちょ~~~~ムカつくっ!!!!まるでこっちがあんぽんたんみたいじゃねぇか。


なんかすげぇムカついた。先生に言われたこと。

甘い。
給食のおばさんがプロに勝てない。
見た目がいまいち。人当たり悪そう。(こうは言ってないけど、ここについては先生なりにぼかして言ってくれたんだと思われ)

っくっそ~~~~~~。

が。

それはぜ~んぶもっともなことで、自分の欠点、というか自分の弱点を箇条書きに出来たような気がする。そしたら、またもそこからやることが見えてくるではないか。

「すごいいいこと言ってるよ?この価値がわかればなんだけどねぇ。」

とか先生言ってます。ちなみにこういう話するときの、変な流し目してるの、みんな知ってる?超絶ムカつくんだよっ。その顔っ


が。こっからマジメモード。

こんないい加減なビジョンしかないワタシに、2時間以上も先生なりのアドバイスを話してくれた。これは本当に感謝ですよ。
右も左もな~んもわからんワタシに、たぶんいい加減なんだろなぁとかも思ってたかもしれない。きっと半ば呆れながらも、それでも先生の知識と経験から考えられる、現実的なビジョンの作り方を教えてくれて。
その場ではなんとな~くではあったけど、おかげでだいぶ精査することが出来た部分があって。
そしたら、家に帰ってからふと閃いたことがある。これならできそうだってものが沸いてきたよ!!これはすごいことだよ

ちゃんともらえるものいただきました。先生。感謝です。おっかねぇけど、次はちゃんとした相談に行くと思う。

つないでくれたそらちゃん、ほんとにありがとう。



とにかく一つだけは決めた。





絶対に独立する。







ここが決まったんだから、やるしかない。



その先生のアドバイスで、開業に向けてのブログを開設しようと思う。
いろいろ今までやってきたんだけど、オフィシャルで使うならやっぱりアメブロだなぁと。

なので、このブログ。
自分なりには休んだりもしたけど、けっこう真面目にやってたので勿体ないなぁとも思うんだけど、さすがにメンタルだの心情だのが山盛り太郎でまずいなぁと。

こちらの内容はFC2の方に移動させて「楽花大福 つぶつぶろぐ」として、ほそぼそ書いてきま~す。
そしてアメブロでは新たなブログを開設しようと思ってます。

現在その準備中。近日お知らせ入りま~す

さる山へまた行った・いい人撲滅運動

昨日。

 

またも町田の「さる山さる子」にて、施術とカウンセリングを受けてきた。

 

もう一つ、やらねばならぬこと。

 

ワタシ今、相手(社員)に対して感じるのは恐怖心なんだよねぇ。そこまで行ってしまったと思う。

 

相手もただの人間。そして悪い人じゃない。

 

が、完全に、

 

「この人、なんかがあったらキレる人だよなぁ。こえぇなぁ。どこでキレんだろ???」

 

というビビり感情で、自分が自然にいられなくなっている。

 

 

 

昔から人と合わないと感じた時。相手とあいまみえないとなった時。

 

世界でたった独りぼっちな感情になることがある。今回も、遠くの空を見ては、

 

「はぁ~~~。世の中で生きるのって、なんて恐ろしいことだろう。。。」

 

とかまで思うほど。ぐすん。

 

・・・と、最果てブログにふさわしく最果てな気分になる。とほほ。

 

こんなたいしたこともないことで、と、自分でもちゃ~~~~んとわかってる。わかってはいるが、世の中にたくさんいる『常識人』とうまく付き合っていくことが出来なくて悩む。

 

ここだけはどうしても乗り越えなくては。それが、今の場所で最後にやるミッションだ。

 

 

1時間の整体。りえちんは、何故かこんなワタシにいつも優しい。そして、整体でほぐされ、腕のあたりで「イデデデッあせる」とかなりながら話を聞いてもらっていた。

 

それだけで、だいぶ心の痛みが取れるってもんだ。整体って、ほんと不思議だ。

 

それからそらちゃんとのカウンセリング。事の顛末はだいたい知っててくれるから、この恐怖心を取らなきゃ次に進めないって話を。

 

「なめちゃんでも、そういういい人にはコテンパンにやられちゃうんだねぇ。」

 

とか笑われながら、だってさ~チーンいい人だしさぁ。。。ま、ほんとはいい人じゃないのもわかってるんだけどさぁ。。。

 

そんなグチグチ言ってるワタシに、そらちゃん衝撃の一言。

 

「いい人は、自分の都合しか考えてないからいい人なのよ。」

 

マ・ジ?ゲッソリ

 

前からそらちゃん言ってます。

 

世の中の問題って、その原因の多くがいい人だっていう事実。

 

常識を振りかざす奴。自分が正義だって、正論が正しいと思い込んでる奴。

 

「自分が我慢してやらないことを他人がやると、みんなで寄ってたかって攻め立てるのも、いい人のすることだから。」

 

そうだねぇ。世の中のおかしな流れって、そうやって出来るんだねぇって。

 

けぇど。いい人が自分のことしか考えてないってのにもぶったまげた。確かに。確かにそうだ。社員の行動パターンを思い返せば、つまりはそういうことだ。

 

「そういう人は真綿で首を絞めるみたいにせめてくるから。けどナイフで刺してはこないから心配しなくていいの。

そして、そういう人は人に嫌われたくはない人だから『ワタシ、傷ついてます』って言ってあげるだけで、だいぶ変わるよ。」

 

あ~~~~!!!そうだ!!!それ言い忘れた!!

 

って思った。こないだ膝付き合わせた時に、それ言おうと思ってたのにぃ。

 

そしてこうも教えてくれた。。。。。これ、書いていいのかな?ま、一応自分の記録として。

 

「なめちゃん、ただ見る続けてるでしょ?そしたら相手のこともわかるでしょ?

 

自分のことがわかれば50%は勝てる。そして相手のこともわかれば100%。

 

知らないから勝ったり負けたりするんだよ。

 

この際だから、ついでに相手の観念なくしてあげなさいっ。」

 

とか。ニコニコされて言われても、そこまではハードル高すぎる。。。

 

 

 

 

が。

 

またも目からウロコぼろろんな話しが聞けた。

 

ぜ~んぶ話を聞いてたりえちんも、

 

「なめちゃん完全に、そのいい人にやられちゃったねぇ。いい人って怖いねぇ。」

 

って改めていってた。ワタシも今回、ほんっと骨の髄までそれは理解した。そらちゃんに至っては、いい人撲滅運動まで考えているそうな(笑)。その折にはぜひとも協力したい気分でござるよ。

 

「なんとかそういう人とうまく付き合う方法を・・・」

 

というと、

 

「うまく付き合おうと思うな!付き合わないことっ!!」

 

と、再度厳しく言われあせるわ、わかったよショックという顛末。あはは。

 

 

よしっ!

 

明日からの心づもりは決まった。とにかく。目の前のことをコツコツだね。こっから先は、その先の準備っと。

 

「で。もう一つの相談。独立を真剣に考えようかと。ま、まだよく自分でもわかってないんだけど、とにかくネコとネコに関わる人のために、なんか楽しいことがしたいんだよねぇ。」

 

と、ざっくりな相談。普通の人なら返答に困る相談。けど、こういう実務的な話しも出来る人がそばにいて。。。

 

そらちゃん、じゃあ時間あるなら先生のとこ行ってみようかって。

 

 

先生とはガーン

 

前からワタシも知ってる、行政書士のH先生。。。

 

出来れば避けて通りたいが、けど、一度は通らねばならぬ道だろう。たぶん、先を考えれば近道のはずだから。

 

あ~~~~~~こえぇなぁ。。。

 

 

と。思うが、とにかく時間をくれるというので、その足で先生の事務所にお邪魔した。

 

別のお仕事中ではあったH先生ですが、ざっくりな話しはそらちゃんから聞いてたようで、何がやりたいの?と言われ、う~~~~~ん・・・・・・・それもまだ方法が決まってないので、とりあえず最終的な、ネコに関わる人にってことを言う。

 

すっと開口一番先生言うわな。

 

「甘いっ!!」

 

ま。そんな話から始まるんだがね。

 

長くなったので、その話はまたあとでぇ。

 

やりたいこと

ミルがいなくなって一か月が過ぎて、もうすぐ人間で言う49日になる。

 

早いもんだねぇ。

 

今でもたまに、いつもいた出窓に向かって「ミル!」と声をかける。

 

チュール頂戴♪ってどっかからやってこないかなぁと思って。へへ。

 

 

昨日の記事にも書いたけど、先生からだいすけがエイズかも?って言われた瞬間に、なんというか、ワタシの中の、病気に向かう時の気持ちがぐわっと湧いた。

 

何度か経験したもの。

 

ネガティブなものじゃなく、さぁかかってこい!っていう方が近いかもしれない。ワタシの全エネルギーを使ってやるって感覚。

 

普段元気な時は、うちのネコらは基本アニキのとこにいる。一番世話してくれっからね。召使いとしては最高♪ひゅ~♪・・・てかニヤリ

 

けど、ちょっとでも具合が悪くなると、みんなワタシのとこにやってくるのね。ネコの方で人間の使い分けをしてんだろうね。あはは。

 

らくだけはず~っとワタシのそばにいる。

 

あの人、キャリアだからね。わかってて、ワタシのことを使ってるんだろねぇ~。

 

 

 

 

 

夜。

 

ダンナと二人で寿司屋でね。芽ネギを食いつつ昼間の話をしてたのよ。

 

一瞬ビビったよって。だいすけもキャリアになったかもって。けど、先生いわく、今はエイズって言ってもちゃんと段階踏んで治療すれば18、9歳まで生きるってさ。

 

「そういう情報、知らない人いっぱいいると思うんだよねぇ。。。そういうこと、今飼い猫が病気で何も知らなくて悲観してる人にも教えてあげたいなぁって思うんだよね。ワタシ。」

 

 

「ほんっとにしたい一番のことってそれなんだよねぇ。

ワタシはネコとネコに関わる人たちのために、なんか楽しんでもらえることがしたいんだよ。」

 

 

 

と、ね。

 

つらつらっと出た言葉だったけど、自分で驚いた。

 

あ~、それがほんとに一番したいことかぁと自分でようやっと、道が明けた気がした。

 

というか、結果戻って来たってか。あはは。

 

意外にも、ダンナがすぐに「それならいいじゃん。」とOKを出してきた。それならやりたいだけやれって。

今までのワタシを見てて、そこの部分にだけはワタシの力を信じてくれてんだろな、と思う。ありがたや照れ

 

 

ただ、どういう形になるのかがまったく自分でも見当がつかない。調理の仕事は続けようと思うので、やっぱそれを絡めてだろうけど、いったいどういう風にすればええんじゃろ???

 

それもあって、もう少し今の職場にとどまることになると思う。1年かどうかはわからんけどねニヤリ

 

それにもう一つ。

 

どうしても克服せねばなるまいこともあるから。

 

 

 

その話はまた後日。

 

あんにょん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロフィール

なめ

Author:なめ
ネコをなでなで、つまみをモシャモシャ、たまにダンナとバカ話( ´ ▽ ` )ノ

最新記事
日々日記
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR