プレゼント

何故立ち読みしてると、ウン気づくんだろう。。。



なめです。


下品な話から失礼します。





本屋に行った。人にプレゼントとして渡すために。

 

 

最初。

自分の本を貸そうかと思っていたのだが、大事な友達に大事な本を貸すと、相手には返さなきゃとプレッシャーをかけてじっくり読んでもらえないかもだし、大事な本は大事なので、それならば布教活動として一冊、もらってもらおうと考えたのだ。

 

 

蘇える変態蘇える変態
 
Amazon

 

 

フ~ラブラブご存知星野さ~んの「蘇る変態」べーっだ!

 

前に書いたこともあるのだけど、この本を読んで、本当に星野源よ、生まれてきてくれてありがとう。楽しませてくれてありがとう。という、純然たるファン心理を久々に感じさせてもらった。

 

友①にもぜひその感動をお裾分けしたいと心から願ったのだが、なんせ題名が「変態」と付くこの一冊。ワタシの友達の中でも一番品を保つ彼女。しかもミニマリストである彼女に、このような品を送るのも少々気が咎めるが、読んで不要になったらどうぞ誰かに差し上げてください。それが布教活動というものですチョキ

 

 

 

友②はこないだ誕生日であった。それならばこんな機会もめったにないことだから、彼女にも何かプレゼントをしようと。

親友ながら、誕生日プレゼントなどひさ~かたぶりに差し上げる。そう考えるとちょっと楽しくなってくるのが不思議だ。

 

友②が活字を読む・・・というのが想像できない。だからちょっと本はどうかなぁとも考えたのだけど、それならば写真集などはどうだろうと考える。

いつも明るく優しい彼女。その彼女によく似合う、ポップで楽しい気持ちになる写真集はどんなものか。。。と考えていたのだが、なかなかいいものがあったでござるよ。

 

 

 

まるで童話のような、世界のかわいい村と美しい街まるで童話のような、世界のかわいい村と美しい街
 
Amazon

 

 

その名の通り、世界にある色彩豊かでかわいらしく美しい街の写真集でござるよ。

ほんと~に世界の街並みって、日本じゃ考えられないような明るい色使いをする場所がいくつもあるんだよねぇ。見てるだけで楽しくなる。ぜひ、彼女と二人の娘っちにも見て楽しんで欲しいブーケ1

 

 

さて。

 

友③にもそれならば、と本を探していた。

最初はこの春から長男の弁当作りが始まる彼女に、料理本でも渡そうかと考えたが、友①友②と違って料理の腕はちゃんとしてたはず。無用の長物になるかもしれない。

それに、今。

友③には、ぐちゃぐちゃと説明文の入ったような本を送りたいとは思わない。ぐちゃぐちゃと考えなくて済む本。

 

やっぱ写真集がいっか。

 

そう思ってそれなりの本を見るのだけど、それで一つ気づいたことがある。

 

なんつうかさ~パンチ!

 

変なコメントとか押しつけがましい写真集が多いんだなぁってことパンチ!

 

「あなたがいてくれてありがとう。」とか「たまにはゴロンとしてみよう。」とか。

 

こっちは写真を楽しんでもらいたいと探しているのに余計なコメントとかつけてんじゃねぇよって。

そんなこと、全然言いたくないのに、これをワタシが送ったらそう思われるべぇドクロとんだ迷惑だよ叫び

 

とか。思うよ、ほんと。

 

 

 

どうすっかなぁ。。。

 

悩んでたワタシの目に一冊の本が止まった。ある猫の写真集。そういえばけっこう前になんかテレビで特集をやってたような気がする。。。

 

そう思ってパラパラっとめくった。

 

 

ほ、ほしい。。。デレデレデレデレデレデレ

 

 

すんごく思ってた以上にステキな本だった。ステキ・・・というかとても癒される。かわいらしくて、そしてちょっと切ない。その切なさって、動物と一緒に暮らしてるもの共通のもののような気がする。

 

けど。

 

もう自分用に買う本は決めてしまっていた。今日はもう予算がないよ~ん。ということで、その本をそっとしまって、また送るように本を探し続ける。

 

が。

 

ちょっと待て。

 

一番欲しいと思う本を送る、というものありかもなぁ。と考えた。

 

彼女が飼っているのはわんこではあるけど、そうね、一緒に暮らすものとして共通って、さっき思ったじゃ~ん。

 

と思ってもう一度、その本の中身を見てみた。うん。やっぱこれがいいラブラブ

 

 

 

みさおとふくまるみさおとふくまる
 
Amazon

 

 

写真表紙そのまんま。みさおさんとふくまるさん照れ

すんげぇいいから。二人の顔が。

時に、どっちが面倒見てんの?って錯覚するくらい。同等感がすごくいい。見てるだけで癒やされる。

ワタシも次はぜひ手に入れようと思う。

 

 


そんな話。

久方ぶりに、友にプレゼントを選ぶというのはとてもワクワクすることだった。ありがたや。

友①②③にも、是非とも楽しんでもらえたら幸せに思う。

 

愛を込めてドキドキ

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なめ

Author:なめ
ネコをなでなで、つまみをモシャモシャ、たまにダンナとバカ話( ´ ▽ ` )ノ

最新記事
日々日記
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR