手当て

…実は、朝記事を書いたのだが、またもや全消去!!

 

泣きながら仕事に行ったわさ。それはウソ。あはは。

 

 

 

 

 

 

 

 

行動が雑???

 

と、言われてみれば確かになぁと思う。

 

とにかくやることに追われ続け、頭の速さに体がついてこないのを無理くり動かしてるからつまらないケガをしたりものを落としたり。それが行動パターンのクセになり、りえちんが背骨をなぞったところ、開口一番、

 

「なめちゃん、背骨曲がってるよドクロ。」

 

と、衝撃の一言から始まる。曲がってるってもうバアサンじゃんかっ!?

 

けど本番はそのあとだったね。そのまま背中をマッサージし始めた途端、きゃ~って。何さ?なんかあるんかい?と。

 

「すごいね、なめちゃん!不安感がハンパないよ!」

 

えぇ!?背中にそんなん出るんかい!?

 

びっくりだし、さすがだなぁと思うんだけど、その冷静な自分とは別の自分が、急に涙出てきて止まらんの。

 

そか~。ワタシ不安だったのかぁ~と。

 

そんなんも自分でわからなくなるんよね。気持ちが暴風域に入ると。

 

けど。そんなん冒頭。

 

その後、そらちゃんが「どう?」って見に来てくれて、りえちんが不安感がいっぱいでねぇって話してくれると、おもむろにそらちゃんがワタシの両手を握ってくれて。話しながら時折頭撫でられてさぁ。。。

 

も~~~~びっくりするよ。

おもきし大号泣よ。

堰を切ったとはまさにこのことね。事の顛末を説明しながら、途中もう声にならんのよ。ワタシどんだけ不安感に押しつぶされてたんだろうって。どんだけ息詰まってたんだろうって。

 

しかしすごかった。。。

 

両手をそらちゃんが優しく握ってくれて、背中をりえちんにマッサージされ。

どんだけの手当てよ、これ。どんだけの効能よ、これ。

 

ほんっと~におかげで心の痛みと体の痛みに、自分で気づくことが出来たよ。

自分でヤバいなぁって思ってのことだったけど、この日を逃してたら、本当にヤバいことになってたなぁって心から思った。

 

その感を働かせたワタシを褒めてしんぜよう合格。えへへ。べーっだ!

 

 

 

 

1時間じっくり揉んでもらい、最初は自分の感覚さえ怪しかった体でありましたが、後半なんとかほぐれてきてくれたかなぁと。

 

まずは体のメンテナンス終了~。

 

で、続けてそらちゃんの「ただ見る」カウンセリングタイムに入ります~。

 

これもまたおもしろいから。

 

まだ続く~。

コメントの投稿

非公開コメント

1. 無題

さる山に行って良かったよー‼︎
そしてさすがだね。そらちゃんりえちゃん♡私も2人が居てくれるだけで心強く思う
^_^

2. Re:無題

>スーヤ♪

返事遅くなってごめんねぇ。全部書いてからと思って。

ようやく一区切りだよ。次に進むよあたしゃ。

今回のことで、ほんと~につくづくそらちゃんりえちんにつないでくれたあなたにも心から感謝するよ~。ほんとに、ワタシの周りはありがたい人ばかりだよ~。嬉しいよ~。みんなにハグしてチュ~してまわりたいぜ~!!
プロフィール

なめ

Author:なめ
ネコをなでなで、つまみをモシャモシャ、たまにダンナとバカ話( ´ ▽ ` )ノ

最新記事
日々日記
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR